さまざまなお口のトラブルに対応します

口腔外科とは、むし歯や歯周病を治療する一般歯科よりも診察する範囲の広い、口腔内外周辺のトラブルを診察・治療する診療科のことです。口腔外科で診察するおもな疾患としては、親知らず、顎関節症、口腔内のできものなどがあります。お口まわりに関するトラブルは、当医院までお気軽にご相談ください。

口腔外科で取り扱う疾患

口腔外科は、お口に関するさまざまな疾患に対応しています。以下では、その中の代表的な疾患をご紹介しています。

親知らず

親知らず

親知らずはもっとも遅く生えてくる歯のため、顎のスペースが足りなくなり、隣の歯を押すようにして生えたり、顎の内部に埋もれたままになったりと、きちんと生えてこないケースがほとんどです。強い痛み、歯ならびを乱すなどの悪影響を引き起こす場合には、抜歯が必要です。

顎関節症

顎関節症

顎の関節に何らかの異常があり、「顎が鳴る」「口をあけにくい」「口をあけると痛む」などの症状が出る疾患を顎関節症と言います。マウスピースを使った治療など、症状により治療法は異なります。

口腔内腫瘍

口腔内腫瘍

頬の内側や舌にできた腫瘍(できもの)には、良性の場合と悪性の場合があるため、検査によってきちんと診断する必要があります。症状に応じて外科的切除などの治療を行います。

歯の外傷も口腔外科で対応

顔や口元に強い力が加わると、歯が折れたり歯周組織が損傷したりすることがあり、このような場合は口腔外科で治療します。歯のケガ(外傷)には、おもに破折性の外傷と脱臼性の外傷がありますが、なかでも多い外傷は歯冠の破折です。

外傷の治療法はケガの種類や場所によって異なりますが、重要なのは応急処置を適切に施すことと、できるだけ早く歯科医院で治療することです。応急処置を正しく行えば、抜けてしまった歯を再植できることもあるのです。

口腔外科の治療例
インプラント

失ってしまった歯の機能を回復するために、歯を失った部分の顎の骨に人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を装着する治療です。天然歯に近い見た目と噛み心地が得られます。

くわしくはインプラントページへ

根管治療

重度のむし歯によって冒されてしまった歯の神経を除去し、根管部分をキレイに洗浄、殺菌したあとに薬剤を充填する治療のことです。

くわしくは虫歯治療ページへ

歯の再植

転倒などで顔に強い力が加わって歯が抜けてしまった場合、状態によっては抜けた歯を元の位置に戻して、再び使用できるようにする治療が「歯の再植」です。

外傷の応急処置

ケガをした直後の応急処置の施し方次第で、治り方が大きく変わってきます。お口やその周囲の組織のケガの種類とその応急処置の方法についてご説明します。

外傷の種類 応急処置
骨折 骨が折れていると思われる場合は、無理に動かそうとせず、できるだけ早く歯科医院に連絡して受診してください。
歯の動揺 歯がグラグラしていたり、歯の位置がズレていたりするときは、できるだけ刺激を与えないようにして、すぐに歯科医院へ連絡しましょう。
歯の破折 歯が欠けたり、折れたりした場合は、損傷した場所をむやみにさわらず、折れた破片を乾燥しないようにぬれたガーゼなどで包んで歯科医院に持っていきましょう。折れた歯の状態によっては、接着して治療できる場合があります。
歯の脱落 抜けた歯の状態が良ければ、もう一度元の位置に戻すことができます。抜けた歯が汚れていても洗わず、牛乳か生理食塩水、またはイオン飲料水に浸けて歯科医院に持っていきましょう。このとき、水道水を使用しないように注意してください。水道水に含まれる塩素が治療の妨げになるためです。
歯への強い刺激 歯に強い刺激が加わって歯茎の中に食い込んでしまった場合、さわったり動かしたりせずに、その状態のまま歯科医院を受診してください。また、歯茎からの出血が見られる場合は、歯には異常がないように見えてもダメージを受けている可能性がありますので、早めの歯科医院での受診をお勧めします。
口腔内組織のケガ キレイな水でうがいをしてケガの場所を洗い、ガーゼなどで止血します。出血がなかなか止まらないときは、ガーゼなどでしっかり傷口を圧迫してすぐに口腔外科を受診してください。
舌や唇が切れた 唇や舌、歯茎などのお口まわりの組織が切れて出血した場合、傷口をガーゼなどで圧迫して止血してください。止血後、氷などで10分程冷やすと、腫れを防ぐことができます。

ケガをしてもあわてずに、適切な応急処置を施して、できるだけ早く歯科医院で治療しましょう。

  • ページの上部へ戻る